qrcode.png
http://www.muramatsuseizaisangyo.com/
モバイルサイトにアクセス!

村松製材産業
〒230-0071

神奈川県横浜市鶴見区駒岡1丁目8-30
TEL.045-581-7535

FAX.045-710-0087
──────────────────
新築・増改築
・セルフビルド
・ツーバイフォー
マニファクチュアリングサービス
・オリジナル家具製作
・1級建築士事務所
・リフォーム工事
・ウッドデッキ工事
──────────────────
・一般建設業許可
神奈川県知事許可
(般-24)第78086号

199237
 

今日の工場 

 

バックナンバーはこちら

バックナンバーはこちら
 
 

今日の工場

今日の工場
フォーム
 
今日の工場 2020.01.31
2020-02-01
杉の小割材のプレカットと、ディメンションランバー 204 のプレカットです
 
オート定規で寸法を出し、安全のため両手を使わないと稼動しないような、
小林製のクロスカット機で加工をします 
 
今日の工場 2019.11.30
2019-11-30
東浪見の家の窓枠延長材の製作工程です
 
 ウエスタンレッドシーダーのランバー材から切り出して制作いたしました
 
一応見つけは、四方ケーシング納め
 
ケーシングは米栂の既製品輸入物
 
窓枠延長材(別名 ジョグ材)は米杉(ウエスタンレッドシーダー材)を自社工場で加工しました
 
米杉は加工がしやすい材料なのでお勧めです
 
ただし縦切り工程なので安全第一を考えると工場で加工をしていただいたほうが良いです
 
サッシュはリクシルのサーモスLの仕様です
 
窓回りの納まりとしては、窓台部分を膳板収めにすることも可能です
今回は四方ケーシング納めです
 
今日の工場 2019.08.17
2019-08-18
30x25の小角材を製材しました
75mm  幅の帯鋸と、縦引き丸ノコを使用して
30x25の小角を生産しました
 
5列4段20本縛りで出荷いたします  
 
製材作業をすると一部木材との対話にもなり、何回同じことをしても新しい発見などがあり 
重要な基本作業だという事が実感できます   
 
 
今日の工場 2019.07.24
2019-07-24
塗装工場から、桟木の注文が来たので、大きな角材を小割材に製材しました
 
帯鋸と昇降盤で、2名で作業をいたしました
 
カナダ栂材は堅くて難しく、
 
国産の杉材デイメンションランバー材は乾燥してても
素性が良いので、うまく製材ができました
 
 
今日の工場 2019.02.15
2019-02-16
コンロの作成
 
試作でコンロ台に コンロ 落としこみました
天板はステンレスで覆い、それからコンロを落とし込みます
 
棚板の檜材からだいぶ油分が出ているので、お客様にこのまま行くか、
もう少し落ち着いた板に交換するか、相談する予定です  
 
コンロ自体は薄く、グリルのないタイプになります
<<村松製材産業>> 〒230-0071 神奈川県横浜市鶴見区駒岡1丁目8-30 TEL:045-581-7535 FAX:045-710-0087